スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【食物】紅茶

コーヒーか紅茶、どちらかと聞かれたら
私は紅茶派です。
というか、コーヒーは嫌いじゃないけどあまり飲めません・・
でもカフェオレは好きです(笑)
牛乳で薄めたら、飲めるのです。
でも逆に紅茶はミルクが入ると途端に飲めません・・
難しい性質ですね;

てなわけで今日はそんな「紅茶」のお話をちょこっと。


紅茶って色んな種類がありますね。
よく聞くのならダージリン、アールグレイ、フレーバーティーetc...
私はよく、レモンティーとかフレーバーティーを好んで飲みます。
といっても紅茶中毒って程でもないですが(笑)
やっぱり紅茶って落ち着くし好きです。

紅茶の効能のひとつに「利尿作用」っていうのがあります。
紅茶を飲んでたらよくトイレに行きたくあるなぁ・・と思ってたのですが
そんな作用があったとは前まで知りませんでした。
カフェインも含まれているので、寝る前に飲むのは避けた方がよさそうです・・
ですが寝る前ってつい暖かいものが飲みたくなってしまいます・・
緑茶とかではなんとなく物足りないし、ココアもなんだか甘ったるくて
寝る前だとしつこく感じてしまったり・・・
好きなんですけどね、ココア(笑)
やっぱ寝る前に飲むなら紅茶!となってしまいます。私は。

紅茶にはこれまたたくさんの効能があります。
飲むだけでもたくさんの効果があるようですが、
紅茶でうがいするといい、というのも聞きます。
紅茶には抗菌作用、消臭効果もあるので
インフルエンザ対策にも良さそうです!
花粉症にも利くようですが、私は薬を飲んでいるので
効果はいまいち分かりません;
こっそり効いてくれていたら嬉しいですが・・!(笑)

今まで感じた紅茶の美味しい淹れ方としては、
1、沸騰したての熱いお湯で注ぐ
2、カップだけでも皿で蓋をするなどして蒸らす


これは紅茶の美味しい淹れ方にもあると思いますが、
実際適当に淹れて飲んだ時よりも香りもよくなり
美味しいです^^
※ちなみにティーバックで淹れることがほとんどです。

皆さんもおすすめの紅茶の淹れ方など
知っていたら、教えてくださいね!
スポンサーサイト

【食物】チョコレートのおはなし

チョコっと占いをやったらチョコレートが食べたくなりました(笑)




それほど私ってチョコレートが好きなのかもしれません・・・

そうそう。
ホワイトデーが近いですけど、皆さんちゃんとバレンタインのお返しはしましょうね!

はい。チョコが食べたくなったところで今日のお題はチョコレートです。

チョコレートって、美味しいですよね。
甘いのがちょっと苦手・・・という人も結構いると思うんですけど、
私の周りにはチョコ好きが多いです。


そもそもチョコはいつから、どこでどのように食べられていたのでしょう・・?

チョコレートは始め、飲み物として愛されていたらしいです。
その頃はまだミルクに薄めて飲む・・というところまではいっておらず、
何かでは薄めていたようですが、ドロドロとしたままでとても飲みにくかったようですね。
しかもそのまま飲むだなんて(チョコ好きの私にはたまらない!ですけど)あまりできることじゃないですよね。
まあそれでもそれが始まりだったんですね。

チョコが飲み物から食べものに変わったのは
英国、ビクトリア女王の時代(1800年代頃)。
こうして、チョコレートが日本へと伝わってゆくことになります。
とくに長崎では、早くからチョコレートが人々に食されていたようですね^^
ちなみに日本で初めてチョコレートの製造を始めたのは、森永です。
今から100年ぐらい前のことです・・・。

・・・さて。
チョコの歴史に軽く触れてみたところで
次はチョコの効能などについて知っておきたいですね!

ここでチョコを食べることによってもたらされる「いいこと」
についてまとめてみたいと思います。

その1:アトピーや花粉症などのアレルギーの症状を和らげる
その2:がんや動脈硬化の働きを抑える(予防)
その3:虫歯予防になる
その4:集中力・注意力を高める
その5:ストレスに効く


・・・というふうにチョコレートには様々な効果が期待できます。すごいですね。

だけどいくら虫歯予防になるからといって、歯磨きをサボっていると逆に虫歯になっちゃうので気をつけましょう(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。